海外旅行におすすめのフライトグッズはこちら>>>

大学生活で得た価値観は人生に大きな影響を与える

旧友との再開。時間が過ぎるのは早い

オーストリア人の友達に10年ぶりに会って喋った時のことを忘れないうちに書いておきたい。

2018年の夏に大阪の道頓堀で再開した。

10年経っても、見た目も陽気な感じも彼女には残っていた。人は変わらないと感じた。

でもよく考えてみると、フェイスブックでよく彼女のアップデートには目を通しているから、慣れていたのかもしれない。

現代って不思議。

繋がっていないようで繋がってる。

ちょっぴり大人になった感じがする

再開してからは、くだらないことで笑ったりして、学生時代に戻った気がした。

かき氷屋さんに入って、流れているBGMを聞きながらノリノリになってはしゃいだりした。

ここ数年、そんなはっちゃけたことしてなかったから、一瞬心が若返った。

しばらくして、彼女から「仕事の話は、今は残業は多い?」と聞かれた。

「残業は少ない。ワークライフバランスが重要と言われてるからね」と言ったら、「オーストリアもそうよ、残業するなと言われるのよ」と言っていた。

なんだか遠く離れたヨーロッパの国のことも、日本と同じ状況にあると聞くと、一気に身近に感じる。

海外との繋がりを感じることは重要

私にやる気や生き甲斐を与えてくれるのは、海外との繋がり。

大学で海外について学びたいと思っていたことは学べたし、体験せることもできた。

借金してでも大学に通ったことを今まで1度も後悔したことはない。
むしろ、留学もできたし、恵まれたと思っている。

だけど、今の人生で海外となにか接点が持てているかと考えたら、持ててないと思う。

趣味で海外旅行に行くくらいで、仕事ではさっぱりない。

何か、自分にできることで、海外との接点のあることができたらいいなあと感じた

ブログを通してでもいうし、本業の仕事でもいいから、誰かの役に立つことができればなと思った。

コメント

このブログを運営している人
honoki-diary

旅行が大好きなアラサー「ほのき」です。
中学生の頃から洋書ファンタジー「ハリーポッター」で海外に興味を持ち、海外ドラマにハマったりカナダへの1年留学を経験。国内海外旅行が趣味で、当ブログでは旅行やグルメのレビュー、旅行の便利なグッズなどを紹介します。

honoki-diaryをフォローする
タイトルとURLをコピーしました