海外旅行におすすめのフライトグッズはこちら>>>

タイ・バンコクから国鉄で行く日帰りアユタヤ旅行

年々人気が増しているタイへの観光旅行。安くておいしいご飯と年中温かい南国の天気が魅力です。タイ・バンコクのおすすめスポットでご紹介しましたがタイには歴史を感じる寺院や世界遺産もあり、特にアユタヤは有名な寺院が数多く残されています。今回の記事では、少し旅慣れた個人旅行者にお勧めのタイ国鉄で行く日帰りアユタヤ旅行についてご紹介します。

タイ国鉄の列車旅をおすすめする理由

👉バンコク市内ではタクシーやトゥクトゥクに乗ることが多いので、少し足を延ばしてアユタヤへ行くのであれば、外の自然豊かな風景やノスタルジックな車両を楽しめる列車旅をすることで旅のいい思い出になる。

👉時間に余裕のある個人旅行者であれば、行きは普通車に乗れば片道15バーツ(約50円)でアユタヤに行くことができ、旅費をぐっと節約できる

 

HOW TO GET FROM BANGKOK TO AYUTTHAYA BY TRAIN

これからバンコク発・アユタヤ行きの国鉄旅の方法について順を追って説明します。

 

列車の出発スケジュールを国鉄WEBサイトで確認

タイ国有鉄道(通称:国鉄)公式WEBサイトで列車の運行スケジュールを確認します。

タイ国鉄時刻表:http://www.railway.co.th/checktime/checktime.asp?lenguage=Eng

トップ画面で乗車駅と降車駅をプルダウンから選択し、Checkボタンをクリック

travel-thailand-bangkok-ayutthaya-railway-timetable-check

 

Origin(出発地) Bangkok
Destination(到着地) Ayutthaya

 

検索結果で、乗る時間帯の電車を探します。

travel-thailand-bangkok-ayutthaya-railway-timetable

 タイ国鉄の時刻表

travel-thailand-bangkok-ayutthaya-railway-train-seat-variations

国鉄には4種類の列車、3種類の等級の車両の組み合せで構成されます。Ordinary/普通列車には3等車が多く、Special Express/特急、Express/急行、Rapid/快速列車には1等車や2等車があります。

1等車と2等車はエアコン付きで、3等車には扇風機が付いていますが扇風機はたまに壊れていることもあります。雨さえ降らなければ窓を開けて風を感じることができるので3等車でも快適に過ごせます。

車両に乗っている人はマナーが良く、車内の清掃もよくされているので、私が利用したバンコク発アユタヤ行きの普通3等車でも車内は静かで、車両は古くてもきれいな状態でした。

travel-thailand-bangkok-ayutthaya-railway-ordinary-3rd-seat

普通・3等車の座席シート

国鉄のチケット購入方法
1.タイ・バンコク(フアランポーン駅)で購入

travel-thailand-bangkok-ayutthaya-railway-Hua Lamphong-station

チケット売り場でアユタヤ行きと告げ、出発日・時刻・料金を確認してチケットを購入します。簡単な英語は伝わりますが、こちらの英語を理解してくれないこともあるので不安な人は紙に購入したい列車の情報を書いて渡せば大丈夫です。

travel-thailand-bangkok-ayutthaya-railway-ticket

チケット

チケット売り場の近くに流ちょうな英語を喋る案内人がいて、どこでチケットを購入したらいいかなど詳しく教えてくれますが、基本的には日本で切符を窓口で購入する時と同じような感覚ですので、わざわざ案内人に聞かなくても心配することはないと思います。

 

2.タイ国鉄WEBサイトでチケット予約・購入

乾季の11月~2月頃は観光シーズン真っただ中のため、チケットが売り切れてしまうこともあります。チケットは日本でもオンラインで予約・購入ができるので、乗りたい列車・時刻のチケットは予約しておきましょう。

タイ国鉄ウェブサイトトップページ:https://www.thairailwayticket.com/eTSRT/default.aspx?language=1

travel-thailand-bangkok-ayutthaya-railway-train-online-booking-hp

 

チケットを持って列車をプラットホームで待つ

travel-thailand-bangkok-ayutthaya-railway-station列車の到着するプラットホームで列車を待ちます。出発時刻に近づいてくると人が集まってくるので、自由席であればある程度時間に余裕をもっていきましょう。割と時刻通りに到着します。

列車到着後、行き先を確認して乗り込む

列車が到着したら車掌さんに行先を確認し列車に乗り込みます。季節や時間帯によってアユタヤ行きは人が多く普通3等車でも早く席を確保しないと無くなる可能性はあります。そのため、できるだけ列車が到着するプラットホームで待つようにすることをおすすめします。

列車のそばで散髪している人が多いです。出発までに時間があれば身だしなみを整えるのに便利かもしれません。

travel-thailand-bangkok-ayutthaya-railway-haircut

列車のそばで散髪

バンコクからアユタヤへまで列車で約1時間半

列車に乗ったら売り子さん達も一緒に乗ってきました。

「ご飯はいかが~、飲み物はいかが~」と言って各車両を回っていきます。声をかけられる心配はありません。買いたいものがあれば自分から声をかけて購入します。

フアランポーン駅構内の練り物系の売店や、車内販売でサンドイッチやペットボトル飲料が販売されています。食べながら旅ができるので1時間半はあっという間です。

travel-thailand-bangkok-ayutthaya-railway-sandwich.jpg

サラダのサンドイッチとブルーベリージャムサンドイッチ

 

 

View this post on Instagram

 

honoki-diaryさん(@honokidiary)がシェアした投稿

アユタヤへ向かう途中、車内で車掌さんがチケットを確認しに席を回ります。チケットを見せて確認してもらってください。

 

国鉄列車旅行のポイント

観光シーズンはネットでチケットを予約・購入する

チケットが売り切れる可能性あり

日帰りの場合は午前の10時台に出発する列車を選ぶ

11時、12時発の列車に乗ると、アユタヤでゆっくり観光できなくなる

・帰りの列車は座席指定がおすすめ   観光した後は意外と疲れが溜まっているもの。

普通車で席に座れなかった場合、かなり酷な帰路となってしまう。   できれば座席指定の席のチケットを購入しておこう

 

View this post on Instagram

 

honoki-diaryさん(@honokidiary)がシェアした投稿

座席指定無しだと、大勢の観光客や地元民と席の取り合いをすることになります。

まとめ 楽しい国鉄でのアユタヤ旅行

travel-thailand-bangkok-ayutthaya-railway-station-hualamphong

全て自分でスケジュールを組んでチケット購入やトラブル対処をしないといけないため、ツアーでは味わえないドキドキ感や達成感が味わえる個人旅行。せっかくアユタヤに行くのであれば、ぜひ国鉄での列車旅をやってみてはいかがでしょうか。窓から見える景色や列車の売り子さん達、他のお客さん達の様子をみるのはとても楽しいです。そして、今回ご紹介した記事が少しでも皆さんのお役に立てれば幸せです。

タイ・国鉄旅行トラブル体験記:列車が来ない?騙された?

 

コメント

このブログを運営している人
honoki-diary

旅行が大好きなアラサー「ほのき」です。
中学生の頃から洋書ファンタジー「ハリーポッター」で海外に興味を持ち、海外ドラマにハマったりカナダへの1年留学を経験。国内海外旅行が趣味で、当ブログでは旅行やグルメのレビュー、旅行の便利なグッズなどを紹介します。

honoki-diaryをフォローする
タイトルとURLをコピーしました