海外旅行におすすめのフライトグッズはこちら>>>

『樹木希林120の遺言』表紙の綺麗なドレス姿は何が題材なの?

2018年に亡くなられた樹木希林さんですが、数々の名言を残してこられました。

 

その名言を集めた『120の遺言』(出版:宝島社)が瞬く間に売れていると話題になっています。

 

この表紙の樹木希林さんが持つ意味

なぜ樹木希林さんは川で流されているのか気になったのではないでしょうか。

 

実はこの絵の構図はミレーという西洋で活躍した画家のオフィーリアという絵画がモチーフになっているのです。

 

 

ミレーの作品オフィーリアとは?


ミレーの作品のオフィーリアはこの上の絵画です。

 

美しい女性が川に流されて浮かんでいる様子が描かれています。

 

この美しい女性こそがオフィーリアです。

オフィーリアはシェイクスピアの四大悲劇の「ハムレット」に登場する王子ハムレットの恋人です。彼が狂気を装って父親を殺したせいで理性を失い、川へ流されて亡くなってしまいました。

引用:http://mementmori-art.com/archives/25216893.html

 

オフィーリアと樹木希林さんの亡くなり方や原因は異なりますが、オフィーリアの死と樹木希林さんの死が掛け合わされ、この表紙が作成されています。

 

つまり、この表紙の意味は『死』という意味を含んでいるのです。

 

 

樹木希林さんはどんな人だったのか?

テレビのインタビューを受けているときの回答では、自分の意見をはっきりというタイプでした。

 

富士フィルムのCM作成の時には自分のセリフは台本通りではなく、こう言ったほうが自然で面白くていいのではないか?と提案することもあったようです。

 

自分の意見を持ち、芯があり、人として女優として多くの人から認められ尊敬されていたことは間違いありません。

 

そんな今は故き樹木希林さんの名言120個集めた本『樹木希林120の遺言』は、今を必死に生きる人たちに、何か共感できる言葉があるから重版となるくらい売れているに違いありません。

 

樹木希林、昔から不動産投資が好きだった
2018年9月15日に亡くなられた女優の樹木希林さん。ご冥福をお祈りいたします。 映画『あん』や『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』など、数多くの映画、ドラマやテレビCM等で有名だった彼...

コメント

このブログを運営している人
honoki-diary

旅行が大好きなアラサー「ほのき」です。
中学生の頃から洋書ファンタジー「ハリーポッター」で海外に興味を持ち、海外ドラマにハマったりカナダへの1年留学を経験。国内海外旅行が趣味で、当ブログでは旅行やグルメのレビュー、旅行の便利なグッズなどを紹介します。

honoki-diaryをフォローする
タイトルとURLをコピーしました